「設楽原の戦い」ってどんな戦なの?

歴史

 本日は、ダイエットは一休みで甲斐武田家滅亡の一因となった

「設楽原の戦い」

について書いてみようかと。

 織田・徳川連合軍 38000人 武田軍 15000人が長篠城近くの

設楽原で激突!

 鉄砲3000丁からなる織田・徳川連合軍の”三段撃ち”に

武田騎馬隊が殲滅させられたという戦い、、、

「どうする家康」でもそのシーンが描かれていましたが。。。

武田騎馬隊は存在した?

 甲斐武田家には、強力な”騎馬隊”なるものが存在し、

怒涛の如く敵を蹂躙した。との言い伝えがありました。

 私も子供の頃は、その勇姿を想像し胸が高鳴ったものです。

しかし、その”騎馬隊”現在では存在しなかったという説が有力です。

ポニーの突撃!

 また、戦国時代のドラマや映画で登場する体躯の立派な馬ですが、

これも戦国期には日本に存在しない種です。

当時の在来種は、ポニーぐらいの大きさしかなく戦国期の武士を

背に乗せた姿を想像すると、、、ちょっとクスッとなってしまします。

騎馬隊は存在しない

 当時の資料(一次、二次資料において)にしても、明確に武田騎馬隊を伝えるものはなく、

後年の創作であるとの考えが主流です。

ですから、騎兵の数は確かに武田軍は多かったかもしれませんが、

騎馬隊は存在しない。これが真実なのではないでしょうか。

では、織田の鉄砲隊は?

 鉄砲3000丁を3段に構え、1段目が発砲後に3段目の後ろにまわり新たな3段目に。

そして2段目が発砲後にまた最後列へ。

 これの繰り返しにより、絶え間なく武田騎馬隊に弾丸を浴びせ、

壊滅させた。

これが、子供の頃に習った設楽原の戦いです。

 しかし、この説も近年見直されています。

ちょっと盛っているようで、、、

そもそも、鉄砲が3000丁も無かった様ですね。大体1000丁程度。

しかも三段撃ちも創作の香りがプンプンです。

 乱戦極まる戦場、しかも原っぱといっても起伏の激しい当地で、

規律正しく”三段撃ち”を履行するのは困難だとされています。

実際には、弾を込め終わった者から”柵越しに見える動く者に撃ちかける”が

正解だと思います。

実は武田軍も鉄炮を多量に保有していた

 騎馬隊の有名が前に出過ぎたせいで、武田軍は鉄砲などの最新式の兵装が無かった

ような感じになっていますよね、、、それは間違いでして、、、

 武田軍は信玄入道の時代から鉄炮の有効性を認めており、

保有率においては織田軍のそれと同等であった様です。

たまに撃つ、弾がないのが、玉に瑕

 確かに武田軍も相当数の鉄砲を保有していましたが、肝心の”弾”が不足していました。

当時、急激な鉄砲の普及により、弾の製造が国内産の鉛だけでは賄いきれなくなっていたのです。

畿内周辺を押さえていた織田陣営は、貿易により海外に鉛を求めることが容易で、

東南アジアから、鉛を仕入れ弾を製造していました。ですので弾の充足率が高い。

 対する武田軍(というか、織田にまつろわない大名小名)は、織田側に経済封鎖を受けていたため、

欲しい物が手に入らない状態だったわけで、、弾の原料の鉛も例外ではありません。

そこで、銅銭やお寺の鐘を鋳潰して銅製の弾を製造していたといいます。

 そんな事から、設楽原では、武田軍弾切れ!

といった状態で、銃撃戦が展開できなかった可能性があります。

なぜ、武田軍は倍以上の大軍に決戦を挑んだのか

 設楽原の戦いの前に武田方の”鳶ノ巣山砦”が陥落しています。

酒井忠次率いる4,000の奇襲隊が、朝駆けを敢行し見事に同砦を落としたのです。

この鳶ノ巣山砦は、長篠城のとなり武田軍が布陣している後方に位置する砦で、

砦の陥落により前方の織田・徳川連合軍と後方の酒井忠次の奇襲隊に挟撃される形となりました。

こうなれば、武田軍の総帥「武田勝頼」は、前方の敵を撃破するしか手立てがなくなったのです。

だから、連合軍に決戦を挑んだのです。

全滅したとは思えない

 弾は無いわ、前に突撃すれば銃弾の嵐で戦にはならなかった武田軍ではありましたが、

全滅したとは思えません。

では、勝った側の資料「信長公記」にある、

「10,000人以上の死傷者が出た」はどうでしょう?

 これは誇張された数字かと。

他の資料にある「1000人ぐらいが討ち死」が実数だと思われます。

戦国期の合戦は全滅することは稀ですし、全滅その前に

”総崩れとなり戦闘継続不能→逃げ落ちる”

がほとんどです。

 ですから、「どうする家康」に描かれていたように全滅していない。

が真実だと思います。

まとめ

 この戦いで負けた事が武田家の滅亡に直結するわけではありませんが、

トリガーとなったことは間違いない様です。

 また、歴史の話をする機会があればしようと思います。

今日は「どうする家康」を見て、でした。

ではまた。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました